自分のスタイル

19歳の頃、初めて売り込み用のポートフォリオを作る事になりました。その時に色んな絵のスタイルがあった方が良いと言われたのですが、まず自分がどんな絵が描けるのかもまだよくわかりませんでした。周りの先輩たちはぱっと絵を見ただけで誰が描いたのかすぐわかる個性がありました。あの人の絵を見れば、あの画材で描くのいいなぁと思い、この先輩の絵を見れば指で描くのもおもしろいなぁと、人の数だけ画材や描き方があって、その度にどれもいいなぁと思っていました。 “自分のスタイル” の続きを読む

おなじ月を見ている。

私はもともと人と会う予定を立てることや、約束をするのが苦手です。と言っても相手に会いたくないわけではなく、とても会いたいです。ただ、日にちを決めるとなんだかギュッと心臓を掴まれた様な気になり、当日まで何となく緊張感がずっとあって他のことが上の空になってしまいます。たぶん楽しみにしている気持ちが一周回って、ドタキャンしてしまわないか…とか、当日万全な自分か…みたいな不安な気持ちが上回ってしまうんだと思います。 “おなじ月を見ている。” の続きを読む

パッケージデザインに選ばれました

透明石鹸kahogo soapのデザインコンペで選ばれ、パッケージに採用されました。イラストは、私の初書籍となる絵本「すきってなぁに」に使用しているものです。

作品のコンセプトは
青い夜の森。わたげの灯りの下で、こびとの2人がひそひそないしょ話をしています。
2人が座っているすずらんの花言葉は「純粋」。
この箱で大切な人へプレゼントする時に、純粋な気持ちも一緒に届けられると良いなと思いながら作りました。
“パッケージデザインに選ばれました” の続きを読む

すきってなぁに

私が初めて出版した絵本は「すきってなぁに 」というタイトルです。

絵本「すきってなぁに 」をみる

こびとの男の子が、森のどうぶつたちに「すきってどんな気持ちなの?」と尋ねていき、だんだんと自分の心の奥にある好きという気持ちに気づいていく物語です。
“すきってなぁに” の続きを読む